サブカル国道二号線

ー Subculture National Highway Route 2 ー

【ペルソナ最新話】ペルソナ5 第16話 This place is my grave

スポンサーリンク

前回の記事はこちら↓↓

www.marureze.com

 

 

 

マスターから双葉についての話を聞く怪盗団。

知り合いの子でありマスターの実子ではないこと、双葉の母親は双葉の目の前で自殺したこと、それ以降マスターが双葉を預かり育てていること、最近になって引きこもりがちになってしまったこと・・

 

 

マスターってただの口が悪いおやっさんってだけじゃなくて、双葉のことをきちんと考えてくれてるいいおじさんだったんだなぁ( ;∀;)

 

 

双葉のこれまでの経緯をきいた怪盗団は、やはりアリババ=双葉であると断定。アリババの依頼は双葉の改心、そのために怪盗団は双葉のパレスへと侵入を試みることに。

 

悪人以外の改心パターンは初めてなので今回の侵入は新鮮です!

 

 

これまでのパレス攻略と違って双葉のパレス内には彼女の分身が案内人として存在しておりダンジョン攻略をサポートしてくれます。ただしすんなりと進めるわけではなく罠は当然あるわけで・・。助けてほしいけど助けてほしくない、そんな双葉の微妙な心の内を表しているようなパレスですね(; ・`д・´)

 

 

 

彼女のパレス内から察するにやはり母親の死が双葉を引きこもりにさせた要因であるようです。母親の育児ノイローゼ、自ら車道に飛び出し娘の前での自殺、パレスから得られる現在の情報だけだと娘を疎みながら母は死んだという事実を想像するに難しくない状態です。双葉にとっては辛いなあこれ( ;∀;)

 

 

現実世界では、怪盗団は双葉自身の意志で彼女の部屋へ招き入れてもらう事に成功しパレス最深部へ行くための条件をクリアします。

 

 

 

 

中々踏み出せなかった双葉、今の自分をなんとか変えようとする意志はあるのですが・・怪盗団に手助けをしてもらいつつも最後の一歩は自ら進めないといけないのでもうひと頑張りしなければ・・って感じですね。

 

このままの流れで、双葉がもう一人の内なる自分を受け入れたらパレス攻略は次週で佳境を迎えることになりそうですね。双葉自身が自分が母親を殺したと思っている事が誤解であり真実は別にあると思いたいですが・・

 

この世界では悪い大人や嫌な大人が多いので、このエピソードだけはお母さんには別の事情があり双葉は母親を死に追いやっていないという展開を希望したいですね( ;∀;)