サブカル国道二号線

ー Subculture National Highway Route 2 ー

【はねバド最新話】はねバド! 第4話 私も今、迷子なんだ

前回の記事はこちら↓↓

www.marureze.com

 

 

晴れてバドミントン部へ正式加入した綾乃とエレナ。

北小町高バド部は他校との合同合宿を行います。

 

 

綾乃は先輩達との距離感もつまってすっかり部の一員って感じ。なぎさが柔らかくなった事で部はとてもイイ雰囲気だし、この作品でようやっと女子同士の可愛らしいやり取りも見られて嬉しい限りです(*´▽`*)

 

共にバドミントンをする仲間、そんなチームメイトとのやり取りに心地よさを感じる綾乃。バドミントンを通じ彼女を人として成長させてくれるモノでしょうね。

 

 

 

今回、合同で合宿を行う相手はフレゼリシア女子短期大学付属高校。

宮城の強豪校であります。通称フレ女。

 

フレ女の主将さんはクールビューティー系。

北小町にはいない感じで中々良きですな( *´艸`)

 

 

 

 

買い出しを頼まれた綾乃。見ず知らずの土地ですっかり迷子に・・

ここって田舎なのん?( ゚Д゚)

 

綾乃はそんなのどかな風景の中で一人の少女と出会います。

長身金髪ツインテールという田舎とミスマッチな外見を持つ少女。

 

金髪少女と共にコンビニを目指す綾乃。道中は和やかな会話を広げ進みますが、綾乃の名前を知った瞬間に少女の態度が急変します。綾乃はそのまま彼女と別れることになりますが・・・

 

 

 

 

北小町高校は早速フレ女と練習試合を行うことに。

1勝1敗で迎えた最終戦。綾乃と副主将の理子のダブルスで挑みます。

 

対するフレ女のメンバーには、先ほど綾乃が買い出しの道中を共にした金髪少女コニーがいました。

 

 

綾乃に対し闘志むき出しのコニーですが、綾乃には身に覚えはなく・・・

 

コニーはダブルスであるにも関わらず味方と共に戦う意思はなくコートの隅で突っ立っているだけ。試合は2対1といういびつな形で進み、数で有利な北小町がリードします。

 

 

コニー・・な、なんなんだこいつ( ゚Д゚)

 

 

味方が疲弊しても共闘を提案するのではなく、交代といってのけて1人で試合を引き継ぐコニー。そのコニーの実力は圧倒的で北小町高のリードは一気に無くなります。

 

 

コニーは母国デンマークで代表を務めるほどのバドミントンの実力者であり、2人がかりとはいえ綾乃と理子では太刀打ちできない実力差がある模様・・

 

 

 

どうしてこんな実力者がわざわざ交換留学で日本に来たんじゃろうか(; ・`д・´)

 

 

 

 

暗い展開は一段落して、今回から一気に熱血青春スポーツものになりました。先週の描写から綾乃の母が育てた選手がコニーであり、コニーは綾乃に執着して対戦を望み来日してきたというところでしょうか。

 

仲間とともに行うバドミントンの楽しさに目覚めた綾乃が、間接的な親子対決ともいえるこの戦いで母の教えを受けたコニー相手にどこまで食い下がれるか・・

 

 

合宿、仲間、ライバル、青春モノの王道を行く展開となり非常に楽しめました!