サブカル国道二号線

ー Subculture National Highway Route 2 ー

【シュタゲ最新話】シュタインズ・ゲート ゼロ 第15話 漸近線のリコグナイズ

前回の記事はこちら↓↓

www.marureze.com

 

 

中々関係が発展しないダルと由季。

そんな二人にやきもきする鈴羽はダルを焚きつける。

 

ラボメンガールズによりダル改造計画が実行される!

 

真帆のダル洗脳はブラックジョークが過ぎませんかね・・(笑)

それとも実はこれがかがり洗脳と関連づく伏線だったりする!?

 

 

 

由季とのデートに臨むダル。真帆の洗脳によって変貌したイケイケのダルはちゃっかりジャケットなんか着ちゃってますよ(; ・`д・´)

 

 

それにしてもこの関智一、ノリノリである。

 

 

ダルがイケボで囁きキザったらしく展開するデート。

最後に告白を試みますが色よい返事はもらえず・・・。

 

遊びテイストの回なら『失敗した・・』

の下りは是非とも本編をパロって欲しかったところである(笑)

 

 

 

 

ダルを無理に焚きつけ罪悪感を抱く鈴羽。未来では見れなかった両親の仲睦まじい姿をせめてこの時代では見たかったようで、そんな娘の心情を知ったダルは奮起。由季と再度デートの約束を取り付ける。

 

 

 

再度行われたデートは、ダルが無理して背伸びせずありのままの自分で由季と過ごします。そして、最後に由季へ自分の想いを伝えることができました。

 

 

もはや告白を通り越してプロポーズだったけどな(; ・`д・´)

 

 

 

幸せそうな両親の姿を見て感極まる鈴羽。

鈴羽って報われない展開に見舞われるキャラなだけに、こういうささやかな幸せを無事叶えられてこっちも感極まったよ( ;∀;)

 

 

仲睦まじい両親の姿を目にし母である由季とも思い出を残すことができた鈴羽。この時代で思い残すことはなくなりタイムトラベルの決意を固めるのでした。

 

 

 

暗い話が続いてましたが、今回はテイストを変えて息抜きのような回でした。

本編だけでも十分楽しめる作品ですし、中には本作を蛇足と捉える方もいらっしゃるかと思いますが、ゼロでは今回のように本編ではフォローできなかった話をきちんと描いてくれていて嬉しいですね。とくに鈴羽は不憫なキャラなのでしっかりと親子関係を描いてくれててゼロでは少しは報われてるのかなと。ゼロの裏テーマは橋田親子なんだなぁと今回の話を見て感じました(*´▽`*)