サブカル国道二号線

ー Subculture National Highway Route 2 ー

【はねバド最新話】はねバド! 第5話 一人じゃないよ

スポンサーリンク

前回の記事はこちら↓↓

www.marureze.com

 

 

合同合宿中の北小町高バド部。綾乃と理子のダブルスで練習試合に臨みますが、対戦相手のフレゼリシア女子高所属のコニーに圧倒され苦戦。

 

 

コニーはダブルスでありながら相方を追いやり1人で戦うという超人フォーメーションかつ、綾乃へ揺さぶりをかける精神攻撃まで使用してますよ(; ・`д・´)

 

 

 

コニーに押され1セットを落とした北小町ペア。

監督の秘策をひっさげ次セットへ臨む。

 

 

巻き返しを図りたい北小町ペアは、ゾーンを区切り動くシフトを組みコニーのスマッシュに対応し状況を立て直す。

 

しかし、コニーも負けじと実力を発揮し一進一退の攻防が続く。

お互いに死力を尽くした試合の結果はフレ女ペアが勝利。

 

コニーは試合に勝ちこそしたけど、自分勝手なふるまいをしてまで行った綾乃との勝負は白黒つけれず、綾乃は試合に負け勝負にも勝ちきれず言い訳をしだす始末・・( ゚Д゚)

 

これがジャンプ掲載だったら、綾乃は敗北という結果に涙を流して強くなることを誓うってスポーツものの王道展開になるんじゃろうけど・・。言い訳して逃げ出してしまうというなんとも爽やかでない展開だった(笑)

 

 

試合後は、合宿を女子高生らしくキャピキャピと楽しむ両高校の面々。

フレ女の入浴シーンはこれなんてどこのゆらぎ荘・・?

 

 

このまま和やかに合宿が終わるかと思いきや、綾乃は別れ際にコニーと会話。

母とコニーとの関係について聞かされた挙句、最後には煽られてます(´Д`)

 

 

 

先週、一気に青春スポーツものへシフトしたと思ったらまた暗い話をメインに転換してきました。というかこの回だけでも陰⇒陽⇒陰とジェットコースターのように目まぐるしく話のテンションが変わってたんですが(; ・`д・´)

 

コニーがいきなりチームメイトと仲良くなってイチャイチャするなんて、さっきまで仲間なんていらないと発言していたキャラとはとても思えないゾ(笑)

 

綾乃に関してはこの回で危うさが前面に押し出された形で、この話を観てこの作品は純粋な青春ものには展開しないんだろうなぁと改めて感じました。母の呪縛が解ければ変わるのかもしれませんが、この問題は根深そう・・・。綾乃が今回の試合に勝ちたかった理由も、仲間と勝利を分かち合いたいという爽やかな理由じゃなくて、部活の中の自分という今の居場所を失いたくないがための強迫観念のようなものでしたし( ゚Д゚)

 

 

展開はコロコロと移り忙しなかったですが、キャラもコロコロと変わっているような一貫性が無かったようなそんな印象でした、ハイ。

 

 

 

今回はコニーが躍動していたのでちゃんと確認できたのですが、フレ女のユニフォームがセクシーで素晴らしいデス( *´艸`)