サブカル国道二号線

ー Subculture National Highway Route 2 ー

【ペルソナ最新話】ペルソナ5 第19話 Aloha

スポンサーリンク

こんちゃっす。リゼです。

 

前回の記事はこちら↓↓

www.marureze.com

 

 

 

夏休みが明け二学期が始まった。

ハワイで修学旅行を楽しむ怪盗団の面々。

 

ハワイの現地人が怪盗団の名前を口にするぐらいに、世界的にも認知されてます。

 

 

この世界にも将棋界のひふみんがいるようで・・

めちゃくちゃかわいいじゃねーかよ(*´▽`*)

 

モブキャラっぽくないビジュアルですが、今後も絡んでくるのかな?

 

それにしても今回は作画にすごく違和感があるような・・・

ひふみんなんかシーンごとに水着の柄が変わってもうてるがな(笑)

 

 

生徒より浮かれる川上先生がすごく可愛かったです、ハイ( *´艸`)

完全にお色気要員だよね・・うん。

 

 

 

 

 

ハワイからの帰国後、蓮達に届いたのは校長が不審死したという報せ。

一部では怪盗団の仕業ではないかという憶測も流れ始める。

 

 

次のターゲットを決めるべくミーティングを行う怪盗団。

真が姉のパソコンから入手した捜査情報を元に双葉がリサーチした結果、奥村という人物にスポットが当たる。しかも彼はパレス持ちであり、双葉の母の仇である可能性も含め次のターゲットにはうってつけともいえる存在。

 

改心すべく奥村へ介入をしようかというところで、怪盗団の意見は静観派と行動派の二つに割れる。行動を起こさないメンバーにモルガナは愛想をつかし単独で奥村のパレスへ向かってしまう・・。

 

 

メンバーの予想以上に怪盗団というワードのみが独り歩きを始めてしまいました。改心という名の成敗を行動目標にしている以外は正体もわからず記号として存在している心の怪盗団ですが、このままでは何か起こっても、都合の悪いことはすべて怪盗団に罪を擦り付けられそうな流れですね・・。地獄少女二期の終盤みたいな流れになってしまうと怖え・・。

 

この今の流れは、はたして彼らの行動の結果のみなのか誰かの意志が働いて世論が扇動されているのか・・。

 

 

単身でパレスに突撃したモルガナも気になるところ(´Д`)