サブカル国道二号線

ー Subculture National Highway Route 2 ー

【ヒロアカ 第59話】立ちはだかるギャングオルカ!仮免試験の結果は・・!?

スポンサーリンク

第59話「何をしてんだよ」

 

訪問ありがとうございます。リゼです。

今日、映画観に行ってきました!そっちの感想はまた後ほど(*‘ω‘ *)


 前回のおさらい

 

www.marureze.com

 

 

 ギャングオルカ襲来!

 

ヒーロー仮免試験最終選考も中盤にさしかかり救助演習は佳境を迎える中、突如演習場に乱入してきたギャングオルカ一派。

 

ギャングオルカはヴィラン役として受験者達の前に立ちはだかる。

救助に加えヴィランとの交戦も課せられ試験の難易度は急上昇・・。

 

爆豪救出編に続いての登場になりますが、相変わらず見た目のいかつさはヒーローと思えないです、ハイ(笑)

 

 

 轟と夜嵐

 

ギャングオルカ襲撃にいち早く行動を起こしたのは轟と士傑高校の夜嵐。

その判断力と強力な個性を武器にギャングオルカと交戦する2人。しかし、互いに敵対視する2人は全く連携が取れず窮地に陥る。

 

直情型の夜嵐は別として、轟がここまで状況を度外視して自分の感情のままに悪手を重ねてしまうとは予想外でした。やはりまだエンデヴァーが絡む話には冷静でいられないようです(; ・`д・´)

 

夜嵐は自分のヒーロー観にそぐわないエンデヴァーとその息子である轟に嫌悪感を示していたけど、それだけを理由に大事な試験でそのまま感情をぶつけるのは子供すぎやしないかね・・。轟がすっかり夜嵐の事を忘れていたとはいえそこを差し引いてもふっかけてきた夜嵐が悪い気がします。個性は強力でありながらも未熟な部分が露呈してしまったなぁ。

 

 

プロヒーローを前に口論をはじめ、挙句の果てに他の受験者や要救助者を窮地においやる2人をデクが一喝。

 

 炎と風の連携

 

ただでさえ実力差がある中で愚行を重ねた2人は、あっさりとギャングオルカに制圧されてしまう。しかし、デクの喝によって自らの過ちに気付いた2人は各々の個性を駆使し連携を図りギャングオルカを倒さんと策を講じる。

 

轟の炎と夜嵐の烈風により熱風を作り出しギャングオルカの足止めに成功。

 

ギャングオルカが熱風に囚われている間に要救助者全員を救出。

救出成功をもって仮免試験の最終選考は終了。

 

 

熱い作画も相まって、2人の連携素晴らしかったです(*´▽`*)

強力な個性はやはり画面映えしますな。

 

梅雨ちゃんには悪いけど、『保護色』じゃ・・画面映えはちょっとね?(笑)

 

 まとめ

 

一悶着ありましたが、受験者たちは無事に救助と交戦の両立を成し遂げ仮免試験は終了しました。結果が非常に気になるところですが、絶妙な引きで合否は来週まで持ち越しです(ノД`)・゜・。

 

気になりすぎて合格者一覧の画面を停止ボタン押してずっと眺めてました(笑)

全然読めんかったけどな・・( ゚Д゚)

 

巻き返したとはいえ、轟と夜嵐の2人は短絡的な行動の代償として今回の仮免試験は不合格となりそうですが・・はたして・・

 

次回のデクと爆豪、オールマイトとオールフォーワンのそれぞれの対峙も気になるし来週の放送も見逃せないです( *´艸`)