サブカル国道二号線

ー Subculture National Highway Route 2 ー

【秋アニメ感想】転スラ!ゴブスレ!!SSSS!!!

スポンサーリンク

訪問ありがとうございます!リゼです!

転スラの後にゴブスレを観るのがリゼ流の楽しみ方(*'▽')

 

転生したらスライムだった件

第3話『ゴブリン村の戦い』

 

リムルはゴブリンを率い牙狼族との戦いに挑む。

戦略と強力なスキルを武器に勝利を収め牙狼族も配下に加えます。

 

リムル率いるゴブリン軍団とゴブリンスレイヤーのドリームマッチ、見てみたいね!

 

 

ゴブリンと牙狼族を共存させ、村の立て直しを図るリムルは『衣』と『住』の拡充を求めドワーフ族の村を目指し旅立ちます。

 

ゴブリンと牙狼のバディシステム・・

DOUBLE MONSTER! ゴブ&ガロウですね、わかります。

 

 

ドワーフも出てきて本格的にファンタジーの様相を呈してきました。このままリムル村のほんわかスローライフになってくれてもよい。個人的には結構好きなのですよ。

 

この世界のゴブリンはメスもいるみたいで『ゴブリンスレイヤー』のように人の女性をさらう事もなさそう。あっちの世界ではゴブリンはオスしかいない上に繁殖には多種族のメスが必要という略奪不可避の設定ですからなあ( ゚Д゚)

 

SAOやゴブスレで人をさらう醜悪な部分ばかりを見せられているので、この作品によって少しはゴブリンの印象が中和されました(笑)

 

ゴブリンスレイヤー

第3話『思いがけない来客』

 

エルフとドワーフとリザードマンがゴブリンスレイヤーを訪ねてやってきた。

彼らから大規模なゴブリン討伐を依頼されたゴブリンスレイヤーは二つ返事で了承。

 

パーティーを組み5人はゴブリンの巣穴へ向かう。

 

新キャラクターが一気に登場しパーティーも賑やかになりました。3人ともゴブリンスレイヤーと同じ銀等級という事で実力も折り紙付きです。

 

話が進むにつれてゴブリンの方も強い上位種が出てきそうですねー。

 

会話にバラエティのないゴブリンスレイヤーさんだけど、凄まじいゴブリンバカっぷりでキャラが立ってきました( *´艸`)

 

ドワーフの声優は中村悠一さん、こういう役は初めて聞きましたがその演技力の幅の広さにビックリしました。リザードマンは杉田智和さん。声優界きっての仲良しコンビが同時登場ですね。

 

杉田さんのリザードマンって・・

まんま『マギ』のドラコーンじゃないか( ゚Д゚)

 

狙ってたのかな?これ(笑)

 

SSSS.GRIDMAN

第3話『敗・北』

 

キャリバーが人間からアシストウェポンに変化したことから、怪獣の中身は実は人間かもしれないという疑問を抱いた裕太。そんな考えが頭をよぎったことで現れた怪獣に対して本来の実力を発揮できず敗北。

 

敗戦を引きづっていたグリッドマン同盟に新たなアシストウェポンが一気に加わり、怪獣に再戦。合体を駆使して見事退けることに成功する。

 

キンググリッドマンはいつ出てきますか?( ;∀;)

 

作画に動きがあって素晴らしかったですね。

キャリバー実装時のサンライズ伝統のパースは何度見てもテンション上がるなあ。

 

アンチくんは『人型に変身できる怪獣』という事で人間ではないという事ですが、敗戦後にあったアカネのアンチくんに対する扱いは見ていて胸が苦しい・・。

 

アンチくんはアカネを助けようとかばって死ぬ未来がリゼには見えました。

 怪獣だけどやがて人の心が芽生えるという展開になると予想。