サブカル国道二号線

ー Subculture National Highway Route 2 ー

【東京喰種:re 第17話】黒山羊設立!人と喰種は分かり合えるのか・・

スポンサーリンク

第17話『出会い、とまどい MovE』

 

 

 

黒山羊(ゴート)

金木があんていくに帰ってきた!

長い時を経てついにこの時が来ました( ;∀;)

 

金木は『隻眼の王』の意志を受け継ぎ、人と喰種がわかりあうための架け橋として動くことを決意。対人間組織『黒山羊』の設立を宣言しリーダーに就く。

 

あんていく、アオギリの残党、有馬の側近だったCCGのメンバーなど、構成員は様々。人と喰種の垣根を超えた組織といえば聞こえはいいですが、現状は烏合の衆という表現が相応しいのかもしれません(; ・`д・´)

 

 

喰種を支える人間

金木のように人に寄り添う喰種もいれば、喰種を助ける人間の組織も実は存在するようです。まさかここで貴未さんと繋がるとは・・

 

依然として世界は人と喰種の対立が表立ってますが、このように秘密裏に種族の垣根を超えて協力する存在は『黒山羊』設立とあいまって世界に新たな在り方を示してます。

 

 

元CCGの捜査官たち

『黒山羊』のアジトには亜門、滝澤(オウル)、そして瀕死の重傷を負った暁の姿も。

 

やっと、金木と亜門がゆっくり腰を据えて肩並べて話し合える日が訪れました!インフレの激しい今の状況ではもう亜門さんは第一線で活躍することはないんでしょうけど、金木のよき相談相手として側にいてほしいところ(*'▽')

 

数年ぶりに真戸と会話する亜門さんの登場シーンに笑いが止まらなかったぜ・・

かわいすぎやろ( *´艸`)

 

 

董香と暁

暁を呼び出した董香。

自ら暁の父を殺害した事実を告げた上で、人と喰種が殺し合う無意味さを説く。

 

暁と董香と雛実が邂逅するシーンは作画も相まって素晴らしかったなぁ。

不器用な董香と不器用な暁のやり取りにクスっとしたけど、全部雛実の笑顔とハグが包み込んで丸く収まった感(笑)

 

董香に父を殺された暁、両親を暁の父に殺された雛実、CCGに母親を殺された董香、殺し合いの哀しみの連鎖、同じ境遇の3人が出会い抱き合ったこのシーンが作品の今後の方向性を示しているかのよう。前途多難ではあるだろうが『黒山羊』が種族を超えた懸け橋になれるかどうか・・

 

 

まとめ

種族も所属もバラバラ、キャラクター多数登場のオールスター状態で始まった金木の新たなステージ『黒山羊』。金木の雰囲気が一気に大人っぽくなり洗練されていてリーダーの風格を醸し出しております(*´▽`*)

 

リーダーとして組織をまとめ人と喰種の対話を為しえることができるのか・・

 

人間側も喰種側も『黒山羊』の合流していない癖のあるキャラがまだ残っているので、それぞれの種族ごとに協力を仰ぐため動いていかなければなりませんね!