サブカル国道二号線

ー Subculture National Highway Route 2 ー

【ダブデカ 第12話】ダグ殉職!?黒幕の前に正義が敗北・・!

スポンサーリンク

第12話『刑事が、危ない!』

 

 

 

今回のタイトルもじりは、危ない刑事(*‘ω‘ *)

 

 

転属と謹慎

クーパーによってエスペランサは壊滅。しかしこれがSEVEN-Oによる報復と疑われ上層部から謹慎を言い渡されるダグ達。

 

 

一方、キリルは軍部への転属が決まる。このタイミングでの異動に怪しさを感じたディーナ達はミラからキリルの出自について知らされます。

 

 

アンセムの真実

地上から新天地を求めて空へ上がった新人類。二階でも薬剤による強化人間の研究が行われていた。アンセムは薬剤効果の検証のために二階からもたらされたものであり、エスペランサが流通を、軍部が治療を担っていました。

 

ほんとに酔っぱらいのおっちゃんが言ってたとおりのまんまやんか( ゚Д゚)

 

クーパー長官がキリルにこだわるのは、彼がアンセム抗体を持つ特異体質であったためでした。薬剤研究を加速させるいい研究材料という事です。

 

 

キリル救出作戦

クーパーからキリルを取り戻すためにSEVEN-Oの面々は彼のアジトに乗り込む。

強化人間であるクーパーに対抗するためのダグの秘策は自身がアンセムを使用するという危険なものだった。

 

この作戦にかけようとした矢先、ミラがクーパーに捕まり万事休す。

典型的なお荷物キャラと化してもうてるがな(笑)

 

クーパーに屈し敗北を認めたキリル達だったが、彼は攻撃の手をやめず弾丸でダグを打ち抜いてしまう・・。

 

 

まとめ

物語もいよいよ大詰め!

この危機的状況から逆転する一手はあるのか!?

 

ダグは助かるんでしょうか・・( ;∀;)