サブカル国道二号線

ー Subculture National Highway Route 2 ー

【冬アニメ2話感想】五等分の花嫁・けものフレンズ2

スポンサーリンク

訪問ありがとうございます。リゼです。

まったり冬アニメの詰め合わせ(*‘ω‘ *)

 

   

 

 

五等分の花嫁

第2話『屋上の告白』

 

寡黙な三女、三玖回。三玖が戦国武将好きである事を知った風太郎は、その趣味を利用し勉学へ目を向けさせようと奮闘するお話。

 

なんという俺得回。もっと三玖が好きになったのでまんまとその魅力に気付かされたわけです。自分が好きなことになると饒舌になるのはオタクあるあるですな(笑)

 

過度ではないけどいいアクセントになるサービスシーンはあれぐらいでちょうどいい。

 

ラブコメ作品は主人公を好きになれるかどうかで評価が分かれてしまうところですが、松岡君の演技もキャラも含めて風太郎イイ感じ。 

 

リゼ的には元気で友好的な四葉と、デレ始めた三玖、この2人さえいればもう十分なんだが。

 

今は1/5しかテストで点を取れない5つ子が、それぞれが得意とする教科を伸ばしつつ、最終的には5人で5/5を取ろうというコンセプトは面白いね。

 

キャラも展開も好きです(*´▽`*)

 

 

 

けものフレンズ2

第2話『ぱんだとぱんだ』

 

ジャイアントパンダとレッサーパンダ登場回。キュルルの巣を探すため、キュルルが過去に描いた絵を頼りに旅を続けるが今回もとくに情報は得られず。この感じは1期とまあ同じ流れやね( *´艸`)

 

1話遅れで追手(2期はアルマジロとセンザンコウ)がその回のメインキャラに会う展開も全く同じ(笑)

 

ジャイアントパンダは何故セーラー服なんだ!?

ちなみにレッサーパンダは、「劣った」・「小さい」パンダって意味らしい( ゚Д゚)

 

覚醒したら実は強いジャイアントパンダは最終決戦で無双するんですね、わかります。