サブカル国道二号線

ー Subculture National Highway Route 2 ー

【バズレシピ】話題のじゃがアリゴ、作ってみた。

スポンサーリンク

訪問ありがとうございます。リゼです。

 

   

 

バズレシピの名に相応しい流行り方をしている『じゃがアリゴ』。本当に簡単に出来て美味しいのか、興味本位でやってみました。

 

 

じゃがアリゴって・・?

料理のおにいさんこと料理研究家のリュウジさんがTwitterで発表したレシピ。

(※アリゴ・・フランスの郷土料理。チーズで伸びるマッシュポテト)

 

リュウジさんが発表される料理は簡単でありながら美味しいと評判。通称『バズレシピ』と呼ばれ、リュウジさんが出す『バズレシピ』料理本は飛ぶ鳥を落とす勢いで売れ続けております(*´▽`*)

 

 

 

 

 

今回の『じゃがアリゴ』もレシピ発表直後から各所で話題を呼びました。

 

そんな『じゃがアリゴ』、ぶっちゃけどうなん?って事で、アラサー男子の私が(何故か上から目線)でトライしてみました(笑)

 

 

じゃがアリゴの作り方

 

必要なものは『じゃがりこ』・『さけるチーズ』・『お湯』の3つのみ!

 

 

 

 

作り方は『じゃがりこ』に『さけるチーズ』をさいて投入しお湯をかける。これだけ!

 

あとはお湯投入後、数分待つのみ。

 

『じゃがりこ』がふやけてチーズが溶けていたらまぜまぜして、完成。

 

 

 

簡単!早い!!

そしてミスする余地なし!!!

 

 

料理慣れしてない人でも簡単に出来ちまうぜ、これ!

 

 

 

 

簡単なのはわかったけど、肝心の味はどうなんよ?(まだ上から目線w

 

 

いざ、実食!

 

お皿に移し、上から黒コショウとパセリふったらそれっぽくなったの図。

 

 

お味の方はというと・・

 

・・う、美味し(*´▽`*)

 

まぜまぜが甘かったのか所々混ざりきってないところがありましたが、滑らかなだけじゃない食感は適度に変化がありそれはそれで面白かったので◎

 

『じゃがりこ』のカリカリ感が少し残る部分があったりして普通のアリゴでは味わえない食感はこの『じゃがアリゴ』ならではないかと(*‘ω‘ *)

 

 

アレンジ無限大 (2/4 追記)

 

色々と組み合わせを試してみましたが、チーズ×スモークが一番でした(*´▽`*)

 

スモーキーな香りとチーズのコクがたまらん・・!

 

 

 

お湯を牛乳や豆乳に変えるとまろやかかつ深みが出ますし、ニンニクをちょい足しすることによっていいお酒のアテになりました。パテとしてバケットに塗るとワインを飲まざるをえなくなります(笑)

 

じゃがアリゴ、アレンジ無限大過ぎてすごい!ヤバい・・!

 

 

まとめ

結果、アラサー男子にも簡単に作ることが出来ました。そして普通にうまい。

 

火を使わずお湯だけで簡単に出来るので、品数を増やしたい時の副菜にちょうどいい!

 

じゃがりこをLサイズにすると2人分の付け合わせにちょうどいい量になります。

 

 

今回は『じゃがりこ』をじゃがバター味で試してみたんですが、他の味で作るとバリエーションも増えて飽きることもなさそうですし素晴らしいアイデアだと感心しました。

 

スーパーで材料を買えば200円を切りますし、安い!簡単!美味い!の三拍子そろった最高のバズレシピだわ、これ。

 

じゃがりこが売り切れるのも納得しちゃう(*'▽')

 

バズレシピの素晴らしさに目覚めてしまった・・。これを機に本を見ながらコツコツと色んな料理を作ってみようと思います。興味本位ですぐ作れちゃう手軽さこそがバズレシピ最大の魅力ですね(*‘ω‘ *)