サブカル国道二号線

ー Subculture National Highway Route 2 ー

【ケムリクサ 第9話】りょうとりょくが登場!キャラの濃さがすごい・・

スポンサーリンク

Episode.9

 

   

 

以前『けものフレンズ』とコラボしていたどん兵衛が、今回は『ケムリクサ』とのコラボを選んだあたりに騒動の一つの答えが明示された気がします。

 

選ばれたのはたつきでした。

 

 

 

富士山・・?

9島へ向かう一行。その道中には巨大な山がそびえ立っており、蜘蛛の巣のような巣状に広がった山道を登っていきます。

 

山中に休憩所があるし、山の大きさや形状からすると富士山で間違いなさそう。実際に登頂した人はもっと確信を持って言えるんでしょうね( *´艸`)

 

 

山の中腹辺りでまたしてもアオカベが一行の進路を阻みます。前回と同様にわかばがクサの操作で壁をすり抜けようと試みますが、壁内に潜んでいたヌシが現れ壁の突破は出来ず。一度引いて策を練ることに・・。

 

今度はアオカベとアカムシのコンボ攻撃か。この困難な状況を無理に突破しようとするのではなく一旦引くことを覚えた一行に成長が垣間見える(*´▽`*)

 

 

りょう

カベを超えるために策を練りつつ休憩を取ることにした一行。わかばはまたしても夜中こっそり抜け出し周囲を散策。するとりつ達姉妹と同じ赤髪の少女が目の前に姿を現しました。

 

『りょう』登場!

 

あれ?死んだはずじゃ・・?

 

りく登場時と全く同じ感想が出てしまった(笑)。わかばは一人で夜中抜け出すと死んだはずの姉ーズと遭遇する説。

 

りょうはおだやかな性格・・に見えるけどすぐに戦いたがる生粋の戦闘狂( ゚Д゚)

細目キャラだから本気出すときは開眼するんですね、わかります(笑)

 

チャイナ服は色気どうこうよりも単純に動きやすそうだからチョイスしたんだろうなあ・・。だって片手に鉄パイプ持ってるんやもん・・色気ないってそのチョイス(´Д`)

 

 

りょく

りょうは死んだのは確かのようですが、クサにバックアップ(?)があるようで長くはないけどこの世に滞在できているようです。そしてそのクサを共用で使ってるのがりょく。

 

ということで・・

 

『りょく』登場!

 

あれ?死んだはz(ry

 

こうもあっさりと新キャラを連続投入してくるのか・・(笑)

 

りょくはメガネセーラー服というこれまた今までの姉妹たちとは違った装い。嗅覚に長けた戦闘狂のりょうとは違い、りょくは探求心に溢れた研究家タイプ。視覚に長けていたようだけどその力は今はりんに継承されているようです。

 

わかばが読んでいた『ダイダイ』に記されていた情報はりょくの日記だそうで、りょくは読まれていることが分かると赤面・・ってそりゃそうだわな。自分の日記を他人に読まれることほど恥ずかしいことなんてない(笑)

 

とはいえ、自分が考える世界の構造やその謎について語れる友がいることはまんざら悪くないって感じで饒舌にしゃべってる。共感した瞬間に距離を詰めるのはオタクあるあるだな( *´艸`)

 

 

カベの突破

りょうとりょくから壁の突破方法を伝授されたわかばは、自身を囮にしつつミドリちゃんの枝を使った壁の破壊作戦を提案。

 

りんに反対されながらもりつが枝の提供を了承し作戦を決行します。無事に壁を突破できた一行は再び9島を目指します。

 

 

まとめ

残りの姉妹、りょうとりょくが一気に出てきました。そこまで登場シーンが多いわけではないのに確実に爪痕を残していくキャラの濃さがすごい(笑)

 

最後に出てきたりょうは何を暗示してるんだろうか。りんの中にりょうが同居しているようにも見えたが・・『記憶の葉』ってそういうことなのかな?

 

9話、DVDでいうと下巻最初の話にあたるということで新キャラが一気に登場し話が大きく動きだして佳境に入ってきました。

 

 【prime会員なら先行視聴できます】

 

 

 

【冬アニメDVD売上げ1位!】