サブカル国道二号線

ー Subculture National Highway Route 2 ー

【五等分の花嫁 第11話】名言連発!センサーは暴走寸前!?複雑に絡み合う恋模様

スポンサーリンク

第11話『結びの伝説3日目』

 

悶々とする一花と三玖、爆走する二乃

 

   

 

ヒロアカの完全新作映画の公開が今冬決定しました!またあの超作画がスクリーンで拝めると思うと楽しみ(*´▽`*)

 

メイドインアビスの新作映画の公開時期(2020年1月)の発表もされ、今日は怒涛のアニメ映画新情報ラッシュですねー。

 

 

恋のセンサー作動寸前!?

倉庫に閉じ込められてしまった風太郎と一花。風太郎への想いと三玖への遠慮で揺れふわふわしている一花とは対照的に風太郎は寒いからとりあえず火おこし(笑)

 

三玖と五月によって助け出された2人でしたが、2人で過ごしたこの時間は一花の恋心を目覚めさせるには十分でした。

 

ドギマギする一花が可愛すぎる(*´▽`*)

 

 

平等ではなく公平に

風太郎への恋心を持ちながらも一歩を踏み出せない三玖。そんな彼女に風太郎がかけた言葉は「平等ではなく公平に」

 

好きになるという事は『5人の家庭教師』である風太郎を独占してしまうということ、姉妹に遠慮していた三玖でしたが風太郎のこの言葉で一歩踏みだす決心がつきました。

 

最近はすっかり影が薄くなっていた三玖でしたが、これを機に一気に恋愛戦線を引っ張るような活躍をみせること間違いなしですね( *´艸`)

 

 

一方、その頃二乃は・・

一花と三玖が風太郎への想いに悶々としている頃、二乃は金太郎という別ベクトルめがけてひたすら爆走していた(笑)

 

1人だけ全く別方向いってて道化感がすごいな。むしろここまで気付かず暴走を続けている姿は愛おしさすら感じてしまう!

 

二乃と姉妹が交差する時、物語が始まる( *´艸`)

 

 

まとめ

風太郎への想いが芽生えた一花、一歩踏み出す決心をした三玖、一途ながらも誤解が解けていない二乃、複雑に絡み合っている姉妹の恋愛模様。

 

ここにまだ四葉と五月が本格参戦していないってんだからビックリ。この先の展開はもっとややこしそうだ・・(笑)

 

次回のタイトル、2000日目って・・

(五年後!?)

 

私、気になります!