サブカル国道二号線

ー Subculture National Highway Route 2 ー

【川柳少女 / みだらな青ちゃん】第3話『遊園地に行こう』・『青ちゃんは下半身が守れない』感想

スポンサーリンク

『プレバト』の川柳対決を見ていると川柳のすばらしさに目覚めますね。

 

   

 

そんな中で『川柳少女』を視聴したもんだから、七々子の五七五なだけの川柳におこですよ(笑)。今回部長が詠んだ甘酸っぱい句が私は好み(*´▽`*)

 

 

川柳少女

 

第3話『遊園地に行こう』

 

学芸部メンバーで遊園地に行く事になったが、部長のドタキャンにより参加者は七々子とエイジの2人だけ。図らずも遊園地デートという形に。

 

デートを楽しむ2人(七々子・エイジ)

デートを眺める2人(部長・琴)

 

七々子の積極的なアタックをエイジは見事にスルー(笑)。エイジはこの手の作品によくいる気付かない系男子、七々子は川柳でしか想いを伝えられないくせに恋にはアクティブという特質系恋愛型女子。とりあえず七々子が可愛すぎてニヤニヤが止まらない15分でした( *´艸`)

 

 

 

みだらな青ちゃんは勉強ができない

 

第3話『青ちゃんは下半身が守れない』

 

タイトルがヤバすぎる(笑)

 

『性』春の合宿編。妄想と勘違いであらぬ方向に考えが飛躍する青は毎度のことだが、木嶋の遠回しな優しさがそれに拍車をかけてて2人の空回り具合が面白い。この2人、うまくいくのだろうか・・( ゚Д゚)

 

トイレから『時かけポーズ』で出てきた青にツボってしまいました。唯一無二のエッジの効いた妄想系暴走エロコメは見ていて飽きないね。

 

『おばちゃんパンツ』・『割烹着』と青の渋めなチョイス、嫌いじゃない( *´艸`)