サブカル国道二号線

ー Subculture National Highway Route 2 ー

【RobiHachi ロビハチ】第4話『竿の先に半魚人』感想 次の惑星はオダワーラ!

スポンサーリンク

本家(?)の福山潤、登場!

 

   

 

オダワーラ

冥王星を後にしたロビー一行は宿場星の一つである『オダワーラ』に立ち寄る事に。

 

水の惑星『オダワーラ』、住んでるオダワーラ人はみんな半魚人(笑)。

 

そんなオダワーラに着いて早々に無断飲食をかました一行はお代を払うためアルバイトをすることになります。「お金がない」というよりは「この星をもっと知りたい」というハッチの好奇心ゆえの行動。ハッチは嬉々としてアルバイトに勤しみオダワーラ人と交流を深めます。

 

 

宿場星が53なのは『東海道五十三次』をモチーフにしてるんだろうか・・

 

 

オダワーラノツカイ

この星に生息する伝説の魚「オダワーラノツカイ」を捕まえると懸賞金が出ると聞いたロビーとハッチは、早速漁に出ます。

 

普通に釣りをしていても姿を現さない「オダワーラノツカイ」。しびれを切らしたロビーはなんとヒザクリガーを使うという作戦にうってでます(笑)

 

が、しかし。

 

ヒザクリガーの耐久性には難があり水底に沈んでしまい万事休す( ゚Д゚)

 

結果的には無事「オダワーラノツカイ」を捕まえることができ懸賞金を手にすることができたロビー一行。次はハッコーネを目指しオダワーラを後にします。

 

 

まとめ

今回はオマージュ少な目、展開も大人しい回でした。どんな苦難に見舞われても嬉々としているハッチ、自らいろんな経験値を得ようと動く姿が初回からずっと一貫していますね。

 

ハッチのアルバイト先の同僚であるギョギョくん役で福山潤さんが出演されていましたが、ハッチ役の河本啓佑さんと声質が似ていてどっちがどっちを演じているのか途中から分からなくなりました・・(笑)