サブカル国道二号線

ー Subculture National Highway Route 2 ー

【さらざんまい】第5話『つながりたいけど、許されない』感想 今週のテーマは「サシェ」でぃっしゅ!

スポンサーリンク

一稀と春河、衝撃の過去・・!

 

   

 

吾妻サラ誘拐計画

春河が参加する吾妻サラの握手会。女装をしてまで春河の前でサラを演じていた一稀は、本物のサラと春河が出会う事を回避したいがために握手会当日にサラの誘拐を画策。

 

悠とともにその誘拐計画を実行することに。

 

自分に都合が悪くなると当たり前のように過激な行動をとる一稀の思考が怖い・・

 

 

さらっと脱出でぃっしゅ

悠がサラを誘い出し幽閉するも彼女はアッサリと脱出。ケッピみたいなゆるキャラモードになってるけど、これ比喩とかじゃなくてリアルガチなやつ?(笑)

 

キュウリに固執してる描写もあったり、実はサラの正体はカッパ王国の王女とかそういう可能性なくはないですな。もしくは、一稀たちと同じくカッパ化する人間か。

 

悠がサラの幽閉に失敗したことで、握手会でサラに化け堂々とイベントをこなしていた一稀の正体がバレて女装が明るみに出てしまいました。春河や家族の目の前で( ゚Д゚)

 

女装癖が最悪のタイミングでバレてしまうという、穴があったら入りたい状況オブザーイヤーを受賞できるレベルのしくじりをした一稀は当然脱兎のごとく逃走(笑)

 

 

さらざんまい失敗

そんなボロボロのメンタルの中、ゾンビ退治に駆り出される一稀。いつもの流れるような展開でゾンビの尻子玉を抜き対峙終了かと思いきや動揺が影響し失敗・・。

 

女装が公衆の面前で明るみになってしまった上に、銀の皿はゲットできず、ゾンビは取り逃がしてしまうというまさに踏んだり蹴ったりの一稀。

 

 

一稀と春河

そして明らかになった一稀の過去。生みの母親に手放された一稀は今の家族に引き取られた養子でした。よって両親をはじめ春河も本当の家族ではなく・・。

 

唐突に会いに来た生みの母と育ててくれた家族の間で揺れ動いていた一稀の行動が引き金となり、春河は事故に遭い生涯車いす生活を余儀なくされる・・

 

昨今、交通事故が多発しているこのタイミングでこのネタは・・( ゚Д゚)

 

 

まとめ

一稀の衝撃の生い立ちが明らかになりました。今回の握手会の一件でサラを騙っていたことがバレ、春河を二度にわたり傷つけた一稀の罪は重い・・

 

前回まではお約束な展開が続いていましたが、今回は全てにおいて変化が訪れた転換の回でした。いつものミュージカル二本立てに脱出ショーが加わっていましたし(笑)