サブカル国道二号線

ー Subculture National Highway Route 2 ー

【異世界かるてっと】第6話『決定!いいんかい』感想 ターニャ風紀委員長による絶対順守の規律!

スポンサーリンク

学級委員長、エミリア爆誕

 

 

学級委員選出

懇親会を経て、クラス内も打ち解けつつあるこの状況で学級委員を決めることに。

 

委員長は、臣下からの推薦でアインズ(オバロ)・アンチアンデットを掲げアインズに対抗し立候補したアクア(このすば)・仲を取りまとめようと中立の立場から立候補したエミリア(リゼロ)の3名が候補に。

 

くじ引きの結果、エミリアが委員長となる。副委員長を含めた他の委員もくじ引きで決められた。

・・・が、この結果にはロズワールの思惑が関与しておるようです( ゚Д゚)

 

副委員長にアインズとアルベドをくっつけたあたりに、ロズっち先生の配慮が見られるのだーよ(笑)

 

 

 

風紀委員

風紀委員長はターニャ(幼女)。風紀委員はカズマ(このすば)とデミウルゴス(オバロ)。幼女と悪魔とニートというとんでもない組み合わせ(笑)

 

デミちゃんとターニャは早速意気投合。ターニャは規律を司るこの役割に嬉々としております。権力を持ったからかターニャにも教師陣と同じく「言葉での謎の強制力」が備わっていました。

 

・・という事は学級委員長のエミリアはクラスメイト全員を従える事も可能なのか!?

 

 

   

  

体育委員

体育委員長にはコキュートス。体育委員は幼女組の軍人たちとダクネス(このすば)

 

屈強な男どもに囲まれたこの状況はダクネスにとってはまさに好都合。相変わらず度が過ぎるドM全開で周りをドン引きさせている(笑)

 

このメンツならダクネスに突き抜けてもらわんとコメディが弱いから仕方ないか・・

 

嬉々として『くっ殺♡』とか言ってる女騎士、こいつぐらいしかいないだろうなぁ。

 

 

まとめ

委員決めをし、作品間の垣根を超えた班分けが実施されました。各作品のキャラが入り混じった班分けになっており、ここからはより一層クロスオーバーが楽しめる展開となりそうです。