サブカル国道二号線

ー Subculture National Highway Route 2 ー

【ONE PUNCH MAN ワンパンマン】第18話『怪人の蜂起』感想 A級を凌ぐスイリューの圧倒的強さ!

スポンサーリンク

フブキを守るタツマキ姉ちゃん

 

 

スイリューの実力

白熱するスーパーファイト。A級ヒーローのイナズマックスとスネックを次々と撃破するスイリュー。サイタマと同じく一撃で勝ち上がる彼の実力は圧倒的。S級のジェノスの目から見てもサイタマを楽しませることができると評されるほど。

 

イナズマックス(保志総一朗)・スネック(三木眞一郎)はどっちも有名声優なのに、アッサリと敗北したため出番一瞬かよっ!(笑)

 

ヒーローという道には進まず武を極めた・・ように見えたスイリューですが、その本質はどうやら異なるようです。ヒーローを目指すような熱い使命感は無いし、武を極めるほどに打ち込んできたわけでもないようです。「自分が強いのは才能」とサラリといってのける、センスで生きてきた人物。

 

どちらも一撃で勝ち進むサイタマとスイリューの戦いが楽しみだわ(*´▽`*)

 

 

タツマキとフブキ

フブキ組は弩Sと戦闘。部下たちがアッサリと奴隷となってしまいフブキは窮地に立たされてしまいます。無残にもムチで打たれるフブキ、ドレスの背中がバックリと裂かれてしまいなんともセクシーな状態に(*´▽`*)

 

強くはないし、いっそお色気要因にシフトしてもいいのでは・・?(笑)

 

フブキの窮地にかけつけたのはS級2位でフブキの姉でもある戦慄のタツマキ。駆けつけて早々に実力を発揮し敵を一掃。ヒーローだけど強さは化け物じみている・・( ゚Д゚)

 

七色の演技力をもつ悠木碧さんだが、タツマキに関しては『幼女戦記』のターニャそのものだなぁ(笑)

 

 

   

 

鬼サイボーグ

スーパーファイトを観戦していたジェノスだが、付近に出現した怪人を討伐するため観戦を辞め任務へ。

 

次々と怪人を倒していくジェノスはまさに一騎当千の活躍。市民から「鬼サイボーグ」とつけられたばかりのヒーローネームで呼ばれてるけど、名前がダサすぎてバカにされてるようにしか見えないね(笑)

 

『テラフォーマーズ』で出てきそうな強化ゴキブリ怪人に苦戦しつつも、ジェノスは新ギミック接着剤散布で対処。こいつのビックリドッキリギミックはもはやなんでもありだな。

 

 

まとめ

同時多発的な怪人の侵攻についにS級ヒーローたちが立ち上がりました。怪人協会の幹部や怪人王「オロチ」まで登場し、ナリンキ親子の護衛という任務がここまで大きな展開に発展するとは・・( ゚Д゚)

 

幹部役が子安さんなんだけど、今期出すぎじゃない?(笑)