サブカル国道二号線

ー Subculture National Highway Route 2 ー

【川柳少女 / みだらな青ちゃん】第8話『七々子が水着に着替えたら』・『木嶋くんは精力が足りない』感想

スポンサーリンク

水着と精力とボッキボキ

 

   

川柳少女

第8話『七々子が水着に着替えたら』

 

琴を除く女子キャラで水着を買いに行くお話。先週の『青ちゃん』で一足先に水着回が来てしまった後という放映タイミングの悪さ(笑)

 

ポロリはないが川柳はある、この作品ならではの水着回。着痩せする七々子は水着でこそその愛らしさの真価を発揮しておる。いよいよ琴ねえちゃんのアドバンテージが無くなってきた。だがしかし、私は黒ビキニの琴ねえ派( *´艸`) 

 

『少しなら 見てもいいから 行かないで』

 

恥じらいながらもエイジに水着を見て欲しい七々子が詠んだ一句、今までで一番最強に可愛い17音・・! 

 

 

みだらな青ちゃんは勉強ができない

第8話『木嶋くんは精力が足りない』

 

数々の寸止めを喰らい悶々とする青。最後の一押しが足りない木嶋の押しの弱さに、青が出した答えは「精力が足りない」。ならば「精のつく料理を振舞ってやろう」とお弁当を作ってあげるお話。

 

精力アップの呪文『ボッキボキ』を津田健次郎さんの低音ボイスで唱えるのは反則過ぎる(笑)

 

野獣と化しそうな木嶋だったが理性が勝り、またしても青の貞操は守られる。というか初めてがいわくつきのア○カンになるところだったんだが青的にはよかったのかこれ?(´Д`)

 

「自分の欲より好きな人を大事にしたい」と理性で本能を抑え込んだ木嶋。ピュアでまっすぐな木嶋の想いが眩しすぎィ!

 

という事で、心が満たされてしまった青はまたしても勉強が出来なくなってしまうのでした。 

 

木嶋が聖人過ぎてリアリティが無いが、ウブとエロのバランスが丁度よくて全然楽しんで観られるなぁ( *´艸`)

 

【前回の記事】

www.marureze.com