サブカル国道二号線

ー Subculture National Highway Route 2 ー

【異世界かるてっと】第8話『準備!りんかいがっこう』感想 アクアが女神の本領を発揮!

スポンサーリンク

このメンツで肝試し・・!?

 

   

エミリア委員長の提案

きたる臨海学校で行うクラスレクリエーションの内容を決めるためホームルームが開かれた。アインズ(オーバーロード)の提案だと勘違いしたアクア(この素晴らしい世界に祝福を!)は案の定食って掛かってます(笑)

 

エミリア(Re:ゼロから始める異世界生活)の発案だと知るや否やみんな賛成。ここぞとばかりに援護するスバルくんさすがやでぇ・・。

 

女子と親密度を上げたい男子の下心が透けて見える『肝試し』の提案、普通なら却下されるところですがこのメンツだと女性陣(主にオバロ勢)も賛成派に回り賛成多数で可決されました( *´艸`)

 

スバルへ厳しい言葉を浴びせるめぐみん(この素晴らしい世界に祝福を!)や、爆裂バカのめぐみん・ドMバカのダクネスをあしらうアインズのやり取りを見てるとクラス内はすっかり打ち解けてきてますね。

 

異世界キャラの水着選び

臨海学校へ向けて水着を選びに来たターニャ(幼女戦記)とヴィーシャ(幼女戦記)。前半はリゼロ勢やこのすば勢の十八番であるコメディ展開、となるとやはり『幼女戦記』勢は少し押され気味・・。

 

ようやっと出番が回ってきたかに思えたが・・

 

後半の主役はアクア。犬猿の仲となっていたアルベド(オーバーロード)とひょんなことから雪解け。いつも駄女神っぷりを発揮しつつも唐突に真っ当な正論をかましてくる教祖的側面を本編同様に見せてきました。異世界召喚されてもエリスのパッド事件はまだ根に持ってたようで(笑)

 

まとめ

各キャラが自分の個性を発揮しつつクラス内がまとまってきました。とはいえコメディ色が強いためにリゼロ勢とこのすば勢の活躍が目立ちすぎる傾向にある。

 

バランス的にどうなんだろうか・・(笑)

 

「けつかっちん」⇒「きょうび聞かねえな」のリゼロお約束のやり取りを入れ原作の特色を存分に出してくるあたりほんと抜け目ない構成( *´艸`)

 

前回の記事

www.marureze.com