サブカル国道二号線

ー Subculture National Highway Route 2 ー

【秋アニメ】火ノ丸・禁書・グリッド・ゴブスレ

スポンサーリンク

訪問ありがとうございますー!リゼです!

11月も中旬になり佳境を迎える作品がちらほら出てきました。

 

 

 

 

火ノ丸相撲

 

第七番『愚直な道化』

 

インハイ予選開始!

 

 

インハイ予選に挑むダチ高。

順当に決勝まで進み因縁の相手である石高と対戦。

 

団体部活ものの王道展開ですが、三ツ橋の敗北⇒国崎の奮闘の流れは思わず胸が熱くなりました。火ノ丸の得意技である『鬼車』で勝利を収める演出、これがたまらんち。

 

着実に力をつけている小関も含め、火ノ丸のワンマンじゃなくなったダチ高ではありますが名門である石高、国宝である沙田に勝利できるのか・・

 

 

とある魔術の禁書目録Ⅲ

 

第7話『第三階層』

 

とてつもない五和回。

 

後方のアックアが、学園都市とイギリス清教へ上条を襲撃すると果たし状を出したことで五和が泊まり込みで上条さんを護衛するお話。上条と五和のやり取りを目撃する美琴さん、容赦なく電撃ぶっ放してるけどええんか・・(; ・`д・´)

 

『五和隠れ巨乳説』そもそも隠れてない件(笑)

 

五和をインデックスが待つ家に連れ帰る上条さん、マジ強心臓。

 

上条を巡る3ヒロインが温泉でバッタリめぐり逢って火花散らしてますが、母性の塊の差で圧倒的に五和優位です、ハイ(笑)。3期はほんと五和推しがすごーすごー。

 

アックアの襲撃によって上条さん秒殺されて瀕死状態。止めを刺さないアックアさんマジ聖人。すぐに殺してはいけない理由があるのかな?かな?

 

 

SSSS.GRIDMAN

 

#07『策・略』

 

徐々に明らかになる世界の真実

 

怪獣少女の話を内海と六花に話すも信じてもらえない裕太。

そんな中で裕太に『接・触』するアカネ。あっさりと正体をバラします。

 

ベッド上で「こっちにくる?」

 

は中々艶めかしい誘いでしたが、ヒーローの裕太はこれを固辞。

演技もセリフも含めていやらしいったらありゃしない(´Д`)

 

中華料理屋に普通に現れたアレクシスさん、マジでシュール(笑)

先週まで殺そうとしていた相手と食事に出かけるってすごい神経してるよな、アカネ。コロコロと感情が目まぐるしく変わる彼女にはもう驚かんけどね!むしろ無駄に食べ物の作画に気合入っててこっちに驚いたわ( *´艸`)

 

今回はアンチくん持ち込み企画でグリッドマン打倒を目論む怪獣チーム。ヴィットさん初戦闘でついに空中戦解禁!アンチくんの飛行形態はこれどこのジオング?(笑)

 

空中戦といえば板野サーカス!わかりみ深くてヤバみ。

そして雲の上にはコンピューターワールドが広がっており・・って実写を彷彿とさせるデザインで、やっぱりスタッフのわかりみがヤバい!

 

敗戦続くアンチくんはアレクシスに処分されるかと思いきや見逃されたけど・・この先は味方になるかアカネを庇って死ぬかの二択になるのかな?

 

アシストウェポンが全員お披露目されたのでそろそろ全合体展開を期待したいところですが、そのためにはまずPCのスペックを上げなきゃな・・(笑)

 

 

ゴブリンスレイヤー

 

第7話『死へ進め』

 

壮絶な死闘!ゴブリンと痛み分け・・

 

水の都へゴブリン討伐へやってきた一行。

今回は地下水路でゴブリンと戦闘を繰り広げますが、ゴブリン側には上位種の「ゴブリンチャンピオン」の姿が・・・。

 

その強大な力の前にゴブリンスレイヤーさんは瀕死の重傷を負い、女神官は左肩を噛まれて恐怖と痛みで茫然自失、エルフは裸にひん剥かれるというかつてない苦境・・。

 

なんとかゴブリン一行を退けたものの討伐には至らず。

 

死闘を繰り広げても倒せないという展開がついに来てしまいましたね・・。死と悲劇が身近にあるこの作品なのでこんなギリギリの戦いは見ていてヒヤヒヤします。

 

この世界にはまだまだ強いゴブリン種が存在しそうですし、近い内に仲間の誰かを失う展開が来てしまいそうで嫌だなぁ・・( ;∀;)