サブカル国道二号線

ー Subculture National Highway Route 2 ー

【ケムリクサ 第7話】7島上陸!深部では想像を絶する光景が・・

スポンサーリンク

Episode.7

 

   

 

Blu-rayの特典がコメンタリー2種(主要キャストver・たつき監督を始めとしたスタッフver)に設定資料集が追加されるようでかなりの大盤振る舞い。

 

ファンサービス良すぎィ!(笑)

 

ミステリアスな世界観と設定を紐解けるのは楽しみだな!(りな風)

 

ちなみに巻数の表記は上中下に変わるようで全3巻各4話入り。

 

 

 

7島上陸!

ついに7島までやってきたりつ達三姉妹とわかば。その行く手を阻む青い壁。壁に攻撃を加えると周囲一帯を大量のアカムシ・・ならぬアオムシに囲まれてしまいます。

 

壁の防衛システムといったところでしょうか。この青いムシたちは攻撃は仕掛けてこず無理矢理に島の内部へ侵入しようとする者に対してあくまで防衛行動を取ってる感じ。

 

ということは7島は壁を抜けられる知識と技術を持った者しか入れず、図らずもりつ達は選別されている形に。

 

ここでわかばは、りくから教わったケムリクサのダブレット的操作を駆使して壁を突破。やっててよかった、公文式(笑)

 

 

束の間の休息・・

島の内部へ進むと泉があり一行は無事に水場を確保。文字通りこの場所に根を張り当面の拠点にすることを、りつ姉ウキウキで提案(*´▽`*)

 

りつもりなもホッとしたような表情が印象的。りつ姉はもはや疲れきった人妻感漂ってたからなぁ・・。旅の心労は相当のものだったと思われる。とはいえ、この回はただのミドリちゃんバカだったけど(笑)

 

拠点の周囲を散策するわかばとりん。

島の深部で想像を絶する光景に遭遇・・

 

 

赤い根

わかばとりんは大量のアカムシと遭遇。そしてそこに立ち込めるかつてない高濃度のアカギリ。それを生み出す元凶が『赤い根』。

 

せっかくたどりついた安息の地。しかし、それも束の間でした。

 

泉を放棄しアカムシから逃げるか、アカムシ発生の元凶である『赤い根』を潰し安息を取り戻すか。りんが選んだのは安息。

 

りんの選択に一同は賛成し『赤い根』討伐にうってでます。

 

 

まとめ

泉を発見しやっと安息をつかみ取った矢先に『赤い根』という問題が、わかば達に立ち塞がりました。深層に広がるアカムシの大群は不気味だったし、泉到達の後だったからその落差によって絶望感がより増してましたね・・(´Д`)

 

転換が上手いなあ。

 

シロムシならぬ、ルンバくんがまだ後をつけてきててもう一波乱ある予感・・!

 

ここ数話は純粋に先が気になる展開になってきてるので、先行視聴できるプライム会員でほんとによかったと改めて感じております(*´▽`*)