サブカル国道二号線

ー Subculture National Highway Route 2 ー

【約ネバ 第7話】クローネさんは手を組みたい ~天才たちの脱獄頭脳戦~

スポンサーリンク

第7話『011145』

 

   

 

脱獄を見抜いたクローネと休戦協定!?

 

 

『ママ』の条件

エマ達の脱獄計画を見抜いたクローネは協定をもちかけます。脱獄したいエマ達とイザベラを蹴落としママの座に就きたいクローネは互いの目的のため協力関係を結ぶ事に。

 

クローネは、『農園』出身でした。『農園』の『家畜』であっても、優秀な女子であれば飼育する側である『ママ』になれるようです。

 

元『家畜』だったから、クローネはエマ達が脱獄を思いつき行動することも想定内だったというわけですね。

 

『飼育員』も発信機を埋め込まれており『農園』からは出られない。

 

クローネの目的は、『農園』という閉鎖された箱庭の中で良い暮らしをすること。すなわちその『農園』の長である『ママ』になることでした。

 

『農園』の現状を知りながら、自分のためだけに動くクローネにエマは嫌悪感全開。同じ優秀者でもその力を自分のためだけに使うか他人にも目を向けるかで、『脱獄』と『地位』、その行動は大きく変わりますね。

 

いやー、しかしいつも以上にクローネの顔芸がすげぇな(笑)

 

 

 

欺き欺かれ

表向きは休戦協定を結んだものの、お互いを信用しているわけではなくノーマンもクローネも相手を出し抜こうと虎視眈々と様子を伺い合ってます。

 

なんとも逞しいねえフルスコア組は(笑)

 

エマとノーマンはクローネを利用し情報を引き出そうと画策しますが、これが仇となり逆に手の内を見透かされてしまいます。

 

『飼育員』になれるぐらいに実は頭脳派だったクローネ相手に見事にしてやられてしまいました(´Д`)

 

 

イザベラ動く

クローネにまんまと出し抜かれたノーマン達は、クローネに罠をしかけます。そしてここまで影を潜めていたイザベラも動きクローネに接触。

 

・・どうなるんや、この三つ巴( ゚Д゚)

 

 

まとめ

世界一怖い上目遣いに、世界一キモイおしりフリフリ、独特の動きと多彩な顔芸、みんなが待ってた(?)クローネ回でした。出る杭は打たれる、イザベラの画策によりクローネは『飼育員』クビってところでしょうか・・?

 

『ミネルバのモールス符号』の発見や、ママの部屋に侵入したドンとギルダとの接触、今回のクローネとのやり取り、フィルがここ数話で存在感を増していてかなり怪しい。

 

イザベラのスパイがレイだけとは考えにくいし・・まさか?(; ・`д・´)

 

 

 

【約ネバの試し読み(無料)できます】