サブカル国道二号線

ー Subculture National Highway Route 2 ー

【ペルソナ最新話】ペルソナ5 第15話 I am Alibaba

前回の記事はこちら↓↓

www.marureze.com

 

 

功績を重ね世間から認知されつつある心の怪盗団。

そんな怪盗団に対し国際的ハッカー集団「メジエド」が宣戦布告。

 

怪盗団の活動をやめるか、メジエドの配下に下るかの二択を迫ってきます。

メジエドは、当初はハッキング技術を駆使し不正を暴いてたようですが現在はその技術を悪用しているようです。最初の理念は心の怪盗団に通づるものがありますね。

 

 

そんな混乱の最中、蓮へアリババという人物から連絡が入ります。

アリババもハッキング技術を持っているようで、メジエドから怪盗団を助ける代わりにとある人物を改心させてほしいと交換条件を持ちかけてきました。

 

アリババの情報収集能力が高いのか、怪盗団のセキュリティがザルなのか・・大声で活動内容言ってしまうぐらいには甘いセキュリティですからねえ( ゚Д゚)

 

 

スマホ依存の社会ではハッキングは効果絶大。驚異的ですよね。。。

 

 

後日、怪盗団のメンバーとアリババへの対応を協議。

アリババの改心ターゲットは「佐倉双葉」。情報を引き出そうとする怪盗団でしたが、アリババとの交渉はあえなく中止となります。

 

 

そうこうしてる内にしびれを切らしたメジエドは怪盗団へ最後通告。

怪盗団が素性を明かさなければ日本へサイバー攻撃をしかける模様。

 

 

ペルソナを出せる以外はただの少年少女である心の怪盗団に、国際ハッカー集団であるメジエドへの対抗手段は持ちあわせていません。そのためハッキング技術を持ち対抗できる能力を有するアリババとの接触が不可欠。

 

 

アリババについて情報収集し怪盗団が考えた結論は、佐倉双葉=アリババではないかという事と、佐倉双葉は蓮が居候しているルブランのマスターの子供である可能性でした。その2点から、佐倉双葉もといアリババと会うため怪盗団はマスター宅へ赴き接触を図ることに・・。

 

 

 

今度は逆に怪盗団が宣戦布告を受ける立場になり、話の展開も世界的なハッカー集団が出てきて大きくなってきました( ゚Д゚)

 

最後に出てきた佐倉双葉っぽいキャラは悠木碧さんが担当されていたのでおそらく使い捨てではなく新キャラでしょうね。相変わらず声優が豪華だこの作品・・

 

先日発売されたペルソナ5のベスト版買ってみてプレイしてみようかな。。