サブカル国道二号線

ー Subculture National Highway Route 2 ー

【続・終物語】第4話『こよみリバース 其の肆』感想 鏡の国のアンリミテッドルールブック

スポンサーリンク

忍野忍の裏側

 

   

死に至る威光

鏡世界の忍野忍(キスショット・アセロラオリオンハート・アンダーブレード)に謁見がかなった阿良々木。

 

こちらの世界の忍は、吸血鬼ではなく人間。よって吸血鬼という存在自体が存在せずその眷族というものも存在しない。のだが、忍に対する阿良々木の態度は眷族そのもの。というかそれ以上・・。

 

それは忍が高貴すぎるがゆえ。人間であってもこちらの世界ではその『威光』で恐れられていました( ゚Д゚)

 

忍は、阿良々木がこちらの世界に迷い込んできたことで世界に『悪影響』が出ていると指摘。斧乃木のキャラ改変がその典型例ですな・・。

 

 

『吸血鬼』ではなく『人間』の忍が見られるとあって楽しみにしていましたが、対面はまさかのカーテン越し(笑)

 

コペルニクス的転回

翌朝、阿良々木を起こすのは老倉。この世界では起こすのはファイヤーシスターズではなく老倉の役目でした(笑)。腹チラしてきたりと、阿良々木が召喚された悪影響が確実に出てきているとうなずけます、ハイ・・。

 

斧乃木ちゃんは阿良々木に対してこの世界で生きていくのも一つの案だと提案。しかし、かなしいけどこの世界老倉ルート一択なのよね・・

 

神原家の大浴場

元の世界へ戻る手段を得るために神原家の大浴場へ潜入を果たした阿良々木。

まったり他人の家で入浴を楽しむ阿良々木の前に現れたのは一人の女性。

 

自らを『臥煙遠江』と名乗ったこの女性、まさか神原駿河の母親か・・!?

 

まとめ

ハートアンダーブレード姫はその姿を見られず肩透かしを食らっちゃいましたが、臥煙遠江が今回登場。元の世界ではすでに故人となっている彼女が生存している(?)ことから、ただの裏側世界というわけでなく展開が分岐した世界の可能性が出てきました。

 

今回のエンディングはフル尺(*´▽`*)

 

【前回の記事】

www.marureze.com